プロフィール

ひみつNo.36420

登録 2017年10月13日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2018年1月 月間アーカイブ

2018/1/25

時と時間

時と時間に対して、あなたはあなたのこのように近くて、そのように遠いことを発見することができます。近くにあなたと無すき間、時あなたで左右に従って、遠くて、一生君も歩いて着かないも、品きれないその味支付寶充值。 

 

荘子は「人生の天地の間に、白駒の隙を過ぐるが如しだけなら、忽然「。この突然の間に、私たちはどのくらい歩くべきか、どれくらい遠いのか。 

 

 

年を待たないと数え、すでに惶然、歳月は突然老いる。鬢衰えて、心淡远、また日に日に長、春を尽くして、見て花びら散っ指先で一年また一年たいだけ、素樸な心、暇なら、日刺繍割一輪のジェーン……。 

 

 

本のページをめくると、文字の話をするのは、遠くも近く、長い短い文字に入って、、あなたの心は、あなたの目に入って、それと親密な接触、中の物語、人物、感動に影響を及ぼしている、あなたの1本の神経、句読、句読点、もあなたの心にそっと指で動かす。 

 

は、その景、あれらの人、生き生きして、あなたの前にまぶしくてまぶしくて、彼は笑って、あなたも口元に曲がり、彼女は泣いて、あなたも涙満ちる面について、章、自分ももし身はその間、まるで、唐風まだふい君の髪をしている君の屋根、宋雨……。。 

 

 

風によって雲があって、あの景の1物、1人の情を持って、昔の息を持って目の前に漂ってきて、竜は顔を見て、墨の韻に入って、黄色の本の短冊、古い時間の中で薫は染めて、時間がない時空間は隔てています。近くまで、向きを変えて、が君に触れた眉尖…。 

 

 

本を畳む、起き上がり、自分のやるべきことは、その本の中の人、絵の景を忘れ、遠く離れて、現実の中の細かい些細な砕砕、あなたの頭を埋め、忙しくなった時、その閑情别绪、織姫の心しかない結び糸に月が出た夜に隠れて、銀河の柔波に淺たゆう。探す。ただぼんやりと見えるだけで、遠い天の川の中に、かすかな光が光っている。 

 

 

此岸対岸、渡船千年、任何もない、探してあの一縷一線、時には、盈盈一水、人間、見たところとても近くて、とても近くて、天には、そんなに遠くて、そんなに遠く。 

 

 

この世の中には、かなりの距離があって、近くにいると言うと、遠くにも遠いものがあると言っています。時にはあなたとこの近くを感じているのに、時にはそんなに遠い。 

 

 

二つの心の距離は、どれほど近いか、どれくらいの距離があるか。たとえば愛情。 

 

 

世界で最も遠い距離、生と死の距離ではなくて、私はあなたの前に立って、あなたは私があなたを愛していることを知らない「。心が通じないならば、目の前にも遠く離れていても、心を鍵にかけて、永遠に近づくことができない。 

 

もし、二つの心が通じているなら、どんなに遠くても、たこ系の糸があるように、あなたの手でコントロールして、ずっとあなたの視野を出ない。蓬山を隔ててて何万の重さ、霊犀一点通ず。天涯にも迫る。 

 

 

知らないで、この世の縁、すべて出会うことができるのではありませんか?心の遠近、涉过何程山水、やっとない距離。 

 

 

いくつかの友達、かつての親密さ、言葉は話さないで、知らないで、いつ、あのようにして、歩いて歩いて、風の風を吹いて、漂って行く1輪の雲、遠くなって、遠くなって、二度と探しませんでした。像は枝の葉を、手当たり次第、投げた風に、任それまで飛んで千裏の万裏、もうこもごも至る統一派位。 

 

 

人情が紙のように薄いので,この紙を隔てて,向こうの出会いがわからない。 

 

 

偶然、中央テレビ局の1つのインタビューの民意の番組を見て、深い感銘を受けて、記者は多くの通行人に聞いて、これらの年に住んで、あなたの隣の名前を知っていますか?多くの人が首を振って知らない。何年も住んで十数年まで住んでいて、出会った頭は少し、何度も肩を拭いて、周りは見知らぬ人だった。 

 

 

コンクリートのビル、防犯を築いた鋼鉄、ひとつひとつ小さな座り込み、ドアが壁に、人情、人心をを、一方の牢獄に囚われ。どれだけの人が住んでいるのか。心は遠い。家一棟の中など、万重山ぶり。 

 

 

実は、人心の勢いでも、この枚を隔膜薄い網突き破って、誰もが一枚の窓を開きたい心が近づくと、あなたは私を、春陽のように明るい人と分かち合って。 

 

 

ただ、市内の月光、林立する高層ビルを、少し離れ、少し暗くて、結局は、できない洒遍隅。 

 

記憶の破片を拾って,数える景色を数える。あれらの近くて、あれらの遠くていることになってる道を斜めに诗行。 

 

歳月が、もしすべてを経験後の冷暖房における詞章。いつも一定の年齢まで、ㄍ·旧る、古い時、古い物語を、いくつかの遠くも近くの思い出が、心に刻んだ、忘れない。 

 

いつもいくつかの記憶は、永遠になる、たとえ遠くても、形影相従う、あなたを伴って歩いたことがあって、すべての短いのはあるいはあるいは長い人生の宿場。歳月の深いところの1段の時間に刻まれて、その烙印を打って、まるであなたからこのような近くにあって、はっきりと浮かんで、昨日のように発生して、はっきりしていて昨日のようです。 

 

いつか記憶があるから、だんだん薄れていく、夢のような影が、少しずつ時間の砂時計に割れてしまう。例えば雲煙、霞んで見えない、痕跡を殘さない痔瘡手術推薦。